Q スイッチNd:YAG レーザー Medlite(メドライト)C6 しみ・肝斑・タトゥー除去【福嶋美容外科クリニック】

メドライトC6の特徴

2 種類の波長と均一なビームプロファイル

旧来機では、ビーム中心部のエネルギー密度が高く、辺縁部になるに従い低密度になるエネルギー分布が主流でした(ガウシアン型)。メドライトC6 はビーム全域にわたりエネルギー密度が均一でムラが少ない照射になります(トップハット型)。また、真皮の病変部に光を到達させるための輝度の高い光と、表皮の色素を効率良く加熱・破壊させる2種類の波長の切り替えが可能なため、疾患のタイプに応じた過不足がないレーザー照射をおこなえます。これにより術後治癒が早く副作用を抑えて高い効果の治療が可能です。

2 種類の波長と均一なビームプロファイル【福嶋美容外科クリニック】 2 種類の波長と均一なビームプロファイル【福嶋美容外科クリニック】

肝斑や炎症性色素沈着にも優れた安全性と効果

通常のしみ治療やタトゥー除去に加え、低出力で均一なレーザー照射モードにより、治療が難しかった肝斑や炎症性色素沈着に対しての治療も可能となりました。ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療では回数を重ねるごとに角質が柔らかくなり、透明感のある明るい肌への変化を多くの方が実感しています。

肝斑や炎症性色素沈着にも優れた安全性と効果【福嶋美容外科クリニック】 肝斑や炎症性色素沈着にも優れた安全性と効果【福嶋美容外科クリニック】

適応症例

【しみ・肝斑・色素疾患の治療】

肝斑の治療を可能にした“レーザートーニング”

従来のレーザー治療ではリスクが高く禁忌とされていた肝斑治療は“レーザートーニング” という治療法での治療が可能となりました。“レーザートーニング” とは、メドライトC6 による新しい治療法で、もっとも重要なのは、レーザーが照射されるビーム形です。従来機ではレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなる「ガウシアン型」のため、端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化するため、治療に適していませんでした。メドライト C6ではレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けます。炎症を起こさせないくらいの低出力でレーザーを照射し、肌の中に蓄積しているメラニンを少しずつ取り除くことで、悪化させることなく肝斑を改善していきます。

肝斑の治療を可能にした“レーザートーニング”【福嶋美容外科クリニック】

レーザートーニングのメカニズム

レーザートーニングのメカニズム【福嶋美容外科クリニック】

肝斑とは?

左右対称にあらわれる、茶褐色のしみで30~40 代の女性に多く見られます。ホルモンバランスや紫外線、肌のこすりすぎなどが原因とされていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

肝斑とは?【福嶋美容外科クリニック】

【タトゥー(刺青)、アートメイク除去】

傷跡を残さない、または広範囲のタトゥー(刺青)やアートメイクの除去に、メドライトC6のレーザー照射による治療を行います。一般的に黒・青・紺や赤色など濃い色に高い効果があります。色素の色・深さ・インクの種類などにより異なりますが、1 回のレーザー照射ごとに色素は薄くなっていき、5 回程度以上を目安に治療を行います。

タトゥー除去について詳しく

施術費用

  • しみ、色素疾患、肝斑の施術(レーザートーニング)費用はこちら・・・・・料金表
  • タトゥー除去・・・レーザーによる施術 (縦cm+横cm)×5,000円(税別)
    (切除法、剥削法は診察にて)
  • 美容モニター対象施術もあります。お問い合わせください。