目の施術:診療内容

目頭切開

上まぶたの目頭側の皮膚が下まぶたの前に回り込むようにして出来たヒダを蒙古ヒダと言います。 目の構造はコチラ
このヒダがあると目が離れて見えたり丸い目に見えたりします。丸い目が離れてある状態は可愛らしい印象を与えますが、子供っぽいという言い方もできます。このヒダを手術で処理する事により目の横幅が大きくなりシャープでキレイな印象に変化させます。

目の状態により様々な手術方法がありますので、どういった術式が適しているのか診察で判断します。

目頭切開

弱点としては
 ・傷はかなり目立たなくなる(自分でじっくり見ればわかる程度)が、0にはならない
 ・縫合(縫うこと)が必要なので抜糸通院が必要(5〜7日後)
などが挙げられます。

目頭切開は術後の腫れは少ない施術です。
抜糸のころにはあまり気にならなくなる場合が多いです。
実質の手術時間は30〜60分程度(両目)が目安となります。

治療の流れ

  • 院長が患者様としっかり話し合い、手術後の目の状態をシミュレーションし術式を決定します。

  • 麻酔の目薬を点眼し痛みをやわらげた後局所麻酔を行ないます。

  • 麻酔が十分効いた後、余分な組織を処理し、極細の糸で丁寧に縫合します。