わきが・多汗症治療の施術:診療内容

多汗症・わきがの施術

当院の特徴

当院は「イナバ式皮下組織削除法」による治療を行ってます。
この治療法は保険適用が認められておりませんが、一般の保険診療より高い効果が認められています。
患者様の状態によっては保険診療をおすすめする場合もありますが、再手術を要した場合、皮膚が硬くなっており、出血等のリスクが発生するため、当院では1度の施術でより確実な効果が得られる本方式による治療を採用しています。

過去の治療で十分な効果が得られなかった方やご自分に適した治療法がわからない方はまずは一度ご相談ください。

多汗症・わきがの施術 汗をつくる腺(汗腺)にはエクリン腺・アポクリン腺 ・皮脂腺 があります。エクリン腺は体温調節のために汗をつくる汗腺です。(いわゆる普通の汗をつくる)ここからの汗はさらさらしており、99%が水分・1%が塩分で無臭です。
このエクリン腺が発達し働きが活発になった状態が多汗症で、たくさんの汗をかいてしまい汗ジミができてしまいます。アポクリン腺から出る汗はベタベタしておりで成分は脂肪やアンモニアなどです。
この汗が皮脂腺から分泌された皮脂と混ざり、皮膚の表面にいる細菌に分解され、いわゆるわきが臭となります。
わきが体質の方は、元々アポクリン腺が発達しており、根本的に直す為にはこのアポクリン腺を除去するしかありません。
皮脂腺は脂肪分を出している腺で、ここからの分泌物はアポクリン腺からのものと同様に細菌に分解され、わきが臭を発します。制汗剤には、実は汗を抑える効果はありません。
静菌作用によって細菌の働きをおさえてニオイを少しでも軽くするのが目的です。ただ、繰り返し制汗剤を使用すると皮膚に炎症を起こすことがあり、皮膚炎(かぶれ)や色素沈着(くすみ)の原因となります。

削除法

吸引法や超音波法の様に将来再発することはありません。
ワキのシワにそって切開しますのでキズが目立ちにくく、また肉眼で確認しながら手術を行うので取り残しがありません。

手術の実際:削除法

  • 最初に吸入麻酔(痛み止め)を使用し痛みを充分にやわらげた上で、わきの下に局所麻酔を行います。

  • シワにそって10mm強ほど切開し、わきが・多汗症手術専用の細密器具で汗腺を取り除いていきます。

  • 汗腺の取り残しがないか肉眼で確認し、丁寧に縫合します。

ボトックス法

注射の痛みをやわらげるために吸入麻酔を使用します。
高濃度ボトックスを使用しますので、しっかりとした効果が期待できます。
施術当日から日常生活にまったく制限がありません。

手術に抵抗・支障がある方には、手軽なボトックス法が適しています。
ボトックスは汗を強力に抑える働きがあり、わきの下の注射するだけで簡単に汗やにおいを抑えることのできる治療法です。