目の施術:診療内容

目の構造について

眼の施術内容を理解するためには、ある程度の解剖学的な知識が必要となります。
多少難しいところもありますが、疑問点についてはカウンセリングの際お答えします。

図1は上まぶたの断面図です。

眼が開く時は、眼瞼挙筋が上方に収縮します。
この力がミュラー筋と眼瞼挙筋腱膜を通じて瞼板に伝わります。(眼瞼挙筋腱膜と瞼板は黒い線:結合組織 でつながっています)これにより瞼板が上に引き上げられ眼が開きます。

赤は筋肉・黄色は脂肪・水色は膜・軟骨は緑となります。

眼が開く時は、眼瞼挙筋が上方に収縮します。
この力がミュラー筋と眼瞼挙筋腱膜を通じて瞼板に伝わります。(眼瞼挙筋腱膜と瞼板は黒い線:結合組織 でつながっています)これにより瞼板が上に引き上げられ眼が開きます。

上に引き上げられる組織と皮膚・皮下の筋肉(眼輪筋)の間に脂肪があるため、動く組織と皮膚・眼輪筋はくっついていません。これにより皮膚は引き込む動きから離れて下に垂れさがります。

二重まぶたの人の場合左図黄色部分の脂肪量が少なく、動く組織と皮膚・眼輪筋がゆ着(くっつく事)しています。
このことにより眼を開けると、ゆ着している部分の皮膚は上に向かって大きく動き、ゆ着している所としていない所の境目で折り返しができます。
この折り返しが二重まぶたです。(図2)

また眼瞼挙筋腱膜と瞼板の間のつながりが弱くなると、瞼を上に引き上げる力が十分に伝わらなくなり目が開きにくくなります。(眼瞼下垂)

目頭の所で上まぶたが下まぶたの前に回り込んで覆いかぶさるようになっている場合があります(図3)
この覆いかぶさっている部分を蒙古ヒダと呼びます。
蒙古ヒダがある人の場合、目頭側の皮膚を内側に軽く引っ張ると本当の目頭が出てきます。